脳内バックパッカー

自宅にいながら映画や本の世界で旅をしよう

ブラックコメディ映画『JOKER』が突いた現代社会の痛いところ

Joker (original Motion Picture Soundtrack) [Analog]

ストーリーやホアキン・フェニックスの演技は言うまでもなく素晴らしかったので、今回は映画「JOKER」が皮肉る現代社会の痛いところをブラックに晒してみたいと思う。

※ネタバレ注意

 

 

 

 

格差社会の構造

格差社会がテーマだろうことはお察しの本作。

なんせアメリカという国は極端過ぎるトランプやサンダースが政治の表舞台でやんややんや大騒ぎできる国。

これは個人的には幸せなことだとは思うんだが、まあそれは檸檬 in デパートのように置いておいて、この格差社会を表のテーマとしつつ、本作はその裏に隠された醜い部分を鉈で刳りだしている。

 

本作は主人公アーサーへの徹底的な同情路線を突っ走っている。

貧困、障害、母親の介護、悲劇の出生などなど。でもこれは現代社会の格差を語る上でまず挙げられる項目であり、これ以上わかりやすくないくらい単純化されている。

アーサーの出生の秘密と「これも妄想ではないか?」という疑心をうまく使い、この単純さに意識を向けさせないような脚本になっている。

 

だがこの同情こそ、諸刃の剣であり、自らの正体を暴く釘爆弾なのだ。

「我々」は持たざるものとして映画を眺めている。アーサー側の立場だ。故に勝ち組である人間が悪役として映る。

しかし冷静に考えれば、電車で殺されたエリートサラリーマンは酔っていただけであり、例のパパは子どもに会いに来たアーサーを不審者だと思っていただけかもしれない。例のパパとの関係は結局謎のままであるが。

だが勝ち組の代表たる彼らは、完全悪である暴力により殺された。

だがこれが痛快なのである。ざまあみろであり、メシウマなのだ。

後半の暴徒の王となり承認欲求が満たされたアーサーの姿への感動は見せかけであり、この映画の重要なポイントは、勝ち組への暴力を肯定してしまうところである。

 

ここに結局、「我々」も悪である勝ち組たちと同じ人間であると暴露されるのだ。

資本主義社会における勝ち負けは必然であり、現代社会は「世界に一つだけの花」とか腐ったことを言いながらも完全なるヒエラルキーが敷かれた競争社会だ。

故に「我々」はその序列を甘んじて受けながらも、上のものがしくじればメシウマであり、下のものがいるのは『当然』だと思っている。

よって勝ち組たちが殺られるのは快感であり、それを実行したアーサーは英雄となる。

格差社会を否定しているくせに、このヒエラルキーにどっぷり浸っているのだ。

何故そんな事ができるかというと、上と下に人がいるからであり、自らの位置を正統であると自認しているのである。

 

ではアーサーとは何か?

アーサーはいうなれば「賢い犬」だ。

人間は犬を家族と思っているが、内心は下等な畜生だと思っている。

そうでなければ服なんて着させないと思う。

そんな犬が何か芸をすれば、ネットで拡散しまくって「いいね!」の山ができる。

だがそんな芸なんて、人間であれば保育園児でもできる。

「我々」はアーサーを社会の底辺であると同情しながらも見下しており、その存在をヒエラルキーの末端へと押しやり、さらにそれが「当然」だと無意識に認めている。

貧困、障害、母親の介護、悲劇の出生・・・こんなタグが並んでいるからだ。

この同情とはヒエラルキー末端の人間の生活観察からくるもので、自らの地位への服従が是であったとの確認作業である。

ここにも格差社会の肯定が潜んでいる。

同情=笑いもの=ピエロという構図は絶大な効果があり、複雑なアーサーの心情をすんなり飲み込めてしまうのは、格差社会を肯定しているからこそである。

よって「JOKER」は格差社会の極端な人間を映し出し、自らの格差社会への服従を投影させているのだ。

 

 

 

無敵の人が生まれるまで

昨今、凶悪な無差別テロ事件が世界各地で起きている。

京都や川崎の事件のように、何の関係もない人間を傷つけ、そしてただ死刑を望むという犯行理由は正直理解できない。

が、これを「無敵の人」と呼ぶネットスラングがある。

これは失うものがなにもない人という意であり、格差社会問題の筆頭に挙げられている。

何らかの理由で社会的・経済的に追い込まれ、そこから抜け出すことができなくなった人間が起こす事件だからだろうか。

JOKERは、アーサーがこの「無敵の人」になるまでの過程を入念に描いている。

 

冒頭のアーサーは自らの生活環境に不満を抱いてはいたが、それを「認めていた」。

自分が精神病であり、貧困であり、病気の母親を介護している。その事実が現代社会において負の部分であり、こうなったのは「自分の責任」だと思っている。

格差問題で不満を叫ぶ人々も、結局は「自己責任」だと思っている。

もっと努力すれば上の階層に行けた「かもしれない」し、あの時にこうしたらもっと良い生活ができた「かもしれない」。

生まれた環境で歴然と差がついていたとしても、スティーブ・ジョブズのように裸一貫からヒエラルキーをぶち抜いた人間がいるではないかと、これでもかと成功譚を見せつけられている。

だからこそ、現在の自分の生活は必然である、そう自認している。

 

だがアーサーは次々と起こる悲劇の中で、この「自己責任」について疑問を抱く。

真面目に働いていたのに暴力を受け、同僚の嘘で仕事を首になり、愛していた母親が実は・・・

そして希望であった父親にすら存在を全否定されてしまう。

アーサーは家族、仕事、普遍的な愛すら与えられることがなかった。

アーサーは何も与えられなかった。

そんなギブ・アンド・テイクすら行われない契約は破棄すれば良い。

誰もがそう思うが、この契約を破棄することは現代社会において「死」か「檻の中」しか道が残されていない。

これが社会的な圧となり、我々を格差社会のヒエラルキーに押し込めている。

 

が、アーサーはこのヒエラルキーを容易に破壊する術を知ることになる。

エリートサラリーマンを個人的理由で殺しただけであるのに、アーサーはゴッサムシティのヒーローになった。

誰もアーサーを知らないのに、殺人ピエロはヒエラルキーの下部層に圧倒的な支持、承認を受けたのであった。

アーサーは「現実の自分ではない自分」への承認が、承認欲求を満たしてくれるという暖かさを知ったのだった。

冷え切ったアーサーの体は、初めて温もりを感じることができたのだ。

これはSNS上で承認欲求が満たされ、次第に暴走して炎上騒ぎに発展する現象と似ている。

大抵はどこかで現実とのギャップに耐えきれなくなり、どちらかが暴走してすべてが御破算になるのであるが、アーサーは奇跡的に階段を駆け上がっていく。

 

アーサーは、偶像である殺人ピエロへ自らを近づけていく、いや、殺人ピエロこそ本当の自分であると思ったのだろう。

なんせ現実社会のアーサーは苦しみしか感じることができない。そんな契約に縛られるくらいなら、殺人ピエロになれば良い。

アーサーは、「アーサー」を捨てることにしたのだ。ヒエラルキーの末端に押し込まれながらも従順に契約を守っているアーサーを。

アーサーは、自分をアーサー足らしめる原因を排除していった。

アーサーとの決別である。

アーサーは復讐を始めた。復讐はアーサーをアーサー足らしめていた原因であり、それは細部にまで及ぶ。だから小人を助けたのである。ただの自暴自棄であれば、あの小人を殺しているだろう。

 

すべての排除が完遂し、アーサーがアーサーを捨てきった時、『あのダンス』が行われる。

あの至福の笑顔、恥を微塵も感じていない自信に満ちた踊り、自由。

アーサーは、偶像である殺人ピエロとなり、ゴッサムシティの無敵のヒーローになった。

それがJOKERである。

 

最後の決別はマーレイ殺しであった。

著名なコメディアンであるマーレイ・フランクリン(ロバート・デ・ニーロ)は、アーサーの憧れの存在であり、父親でもあった。

父親がいなかったアーサーにとって、マーレイは妄想上の父親であった。

そんなマーレイに番組出演を請われたアーサーは、殺人ピエロと完全に同化するかどうかをマーレイに委ねた。

しかし実際のマーレイはアーサーの恋焦がれる父親ではなかった。

厳格な社会の模範のような男であった。アーサーが求めるのは承認であり、父親を知らないアーサーにとっては無償の愛であった。

しかしマーレイは、番組と自らの社会的地位を守るためにアーサーを文字通りピエロとして扱う「敵」であった。

アーサーは自らを虐げてきた社会批判を行う。だがマーレイは、アーサーの境遇に微塵も敬意を払うことなく頭ごなしに否定する。

典型的なエディプス・コンプレックス像であり、それはアーサーの最後の砦の崩壊であった。

アーサーは殺人ピエロとなり、暴徒の王となるべく父親殺しを行う

 

暴徒の中で崇められるのはアーサーではなく、殺人ピエロとしての偶像そのものであった。

アーサーは死んだ。アーサーとは社会との契約に縛られた象徴である。アーサーは、人々の不満の元凶である社会との決別を儀式的に行い、あらたな理想郷へ導くモーセとなった。

 

アーサーは無敵の人となった。

社会から無敵となったのだ。

 

 

 

ラストシーンの意味

この傑作の監督は、まさかのあのお下劣ムービー『ハングオーバー!』のトッド・フィリップス。

ハングオーバー!もニヒリズムなブラックユーモアだらけ名作であるが、よくよく考察してみれば共通点も多い。

ブラックユーモアは、ハングオーバーにもJOKERにも簡単に変換できるのではないかと。

 

ラストシーンは、トッド・フィリップスらしさが出ている。

「まさかの妄想オチ」なのか?

二次会で雄弁に会社批判をしていた男が翌日何も覚えておらず、会社に遅刻しないように走って出社してくるような、そんなブラックユーモア。

 

ではアーサーとは?酔っ払いの夢?ラリってるときの妄想?誰かの夢?水槽の中の脳?

JOKERはエセ社会批判でありながら、人間の理性の危なっかしさを混じえてブラックコメディに仕立て上げた皮肉屋の妄想なのかもしれない。

そしてそう捉えられることにしてこの危ない映画を公開に取り付けさせた監督の処世術であったかもしれないし、もしかしたらハングオーバーの続編なのかもしれない。

結局、真実って何?

 

 

おすすめリンク

nounai-backpacker.hatenablog.jp

 

nounai-backpacker.hatenablog.jp

 

nounai-backpacker.hatenablog.jp