脳内バックパッカー

自宅にいながら映画や本の世界で旅をしよう

「GAFA」は危険なのか?

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

 

最近話題の本、「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」を読んだ。

GAFAとは、Google、Apple、Facebook、Amazonの4社のことである。

この4社は今までにない成功とパワーを持ち、そして世界をまたたく間に変えてしまった。

もちろん僕もこの4社すべてガッツリ使っている。特にGoogleとAmazonは、もうこれがない生活には戻れないくらいどっぷり浸かっている。

この本は、この4社の成功とその分析、そして強大なパワーにより我々が知らず知らず陥れられている危険性を語っている。 

が、バリバリ企業思考なわけでもなく、これといって株などの財産もない僕のような庶民の場合、ちょっと神々の闘いを遠目で見ているような遠い存在である。

なので、庶民の目でこの本から学んだことを書いてみよう

 

目次: 

 

GAFA本当に危険なのか?

この4社がここまでの富と権力を手にした最大の原動力は、個人データである。

例えばAmazonは、オンライン書店から始まって、今や子供用オムツから巨大ロボットまで売っている。

Amazonは顧客の閲覧履歴や購入データをしこたま集め、それを分析し、「どのような人間がどのような商品がほしいか」を日夜調べ上げている。

なので、かくいう僕もAmazonのおすすめ商品を見ると、ドンズバリな商品が並んでいて感心してしまうことがある。

Amazonを10年近く使っている僕にとって、Amazonは嫁さん以上に良き?理解者になっている。

 

GAFAはこの膨大なデータを駆使して最適な答えを導くというツールを手にしている。

そこから最適な人物へ最適な広告を送ることで、彼らは収入を得ている。

まず挙げられる問題点は、個人情報についてだ。

たしかに、Amazonのあまりに的確な欲しいもの情報に、正直恐怖を感じる時がある。

いつしか現代人は、商品を選ぶという主体性を失い、Amazonに提供されているという現実をフツーに受け入れている。

Googleの広告なんかもっと怖い。

つまりGAFAは我々の無意識下にまでフリーパスで入り込み、家族も知らない/知られたくない情報までごっそり持ち出している。

 

だが、おそらく僕を含めた庶民は、ここに危機感を感じていない。

無料アプリもそうだが、「良いものがタダで使えるのなら、仕方がない代償」程度に思っている。

Amazonのおすすめ商品の精度が上がれば上がるほど、僕はより良い生活ができる・・・かもしれない。

最近では、もはや代償とすら思っていない人も多いだろう。

それほど、GAFAは世界インフラとして誰しもが認めている。

 

【スポンサーリンク】
 

 

GAFAの手口

だがそれもGAFAの巧妙な手口の成果でもある。

GAFAは世界中で大儲けしながら、ほとんど税金を払っていない。個人情報を大量に集め、それを政府や企業に流している。独占禁止法にも違反している。

だが、GAFAは世界中の政治家やマスコミや企業に金をバラマキ、その権力を駆使して、世界的忖度を築き上げた。

 

ここは特にGoogleがうまい。ジョブズやベゾスやザッカーバーグはほとんどの人が知っているだろう。が、Googleの創業者や社長の名前が言えて顔も一致する人はあまりいない。

Googleは何かよくわからない会社だ。もちろん検索やスマホなど、毎日使いまくっているのだが。Googleは独占禁止法の嫌疑から逃れるため、極力目立たないようひっそりと身を隠しているらしい。

それにGAFAの創業者たちは皆、大金持ちなのに非常に尊敬されている。※ビル・ゲイツは違ったらしい。マイクロソフトはそのため死ぬほど叩かれた。

彼らは皆、質素で小綺麗だ。高いカリスマ性と謙虚さ、そんなイメージも戦略的に作られている。

 

GAFAは莫大な資金と超優秀人材を駆使して、もはや国家すら凌駕するパワーを手に入れた。

彼らに少しでも触れようとした者は、大金で買われるか徹底的に消される。こうして彼らは、自らの地位を不動にすべく、日夜ロビー活動をしながら出る杭を叩き潰している。

こうなると、もう世界はお手上げだ。もしかしたら、GAFA以上の素晴らしい会社が生まれていたかもしれないし、GAFA以上に素晴らしいサービスがあったかもしれない。

GAFAはもはや神である。

 

 

GAFA以後の世界の危険性

庶民の皆様には、エリート中のエリートたちが働くGAFAには縁がないと思っているだろう。

そう、もちろん僕にも縁はない。むしろ我々庶民は、GAFAがもっと良いサービスができるよう、まるで応援しているようだ。

 

だが、GAFAが作り出した世界は我々が住みやすくなるとは思えないと著者は言う。

著者は言う。GAFAは所詮金儲けしか考えていないと。

まあそうだろう。会社なんだし。だが、一応選挙で選ばれる政治家などと違い、GAFAは金儲けしか考えていないにもかかわらず、世界的な権力を手にしている。

もちろん政治家なんかより、遥かに優秀なのは言うまでもないし、僕なんかは政治家に期待すらしていないし、Amazonの方がずっと頼りになる。

 

だが、GAFAは自分たちだけ(株主も)が儲けるようにできている。

四騎士は合計41万8000人の社員を雇用している。これはミネアポリスの人口と同じだ。四騎士の公開株式の価値は合計で2兆4000ドルである。

つまりこの第二のミネアポリスは、人口6700万人の先進国であるフランスの国内総生産に匹敵すると富を所有しているということだ。

 

この調子だとアメリカは300万人の領主と3億人の農奴の国になる。

今ほど億万長者になるのは簡単だが、百万長者になるのが難しい時代はかつて無かった

 

GAFAは少数のエリート中のエリートだけでこの莫大な金儲けを行った。

かつての大企業(フォード、インテル、日本ならトヨタなど)は、数百万人の雇用を支えていた。

GAFAにより創生された世界は、極端に格差が広がる恐れがある。GAFAはあらゆる産業を破壊し、中間層を崩壊させかねないからだ。

そしてGAFAで働く人間は、世界トップクラスの人材のみだ。

著者はこの危険性を語りながら、対策としては有名大学に入るのが手っ取り早いと言っている。ていうか、それしかない。

GAFAは我々に今までにない恩恵をもたらしたが、それと引き換えに我々は大変なものを作ることに協力したのかもしれない。

今や、GAFAくらい膨大な個人データを持っている会社はなく、GAFAくらい優秀な人材を囲っている会社はなく、GAFAくらい圧倒的な資金力を持つ会社はない。

もはや太刀打ち出来ないのだ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

 

小難しい内容のようにも思えるが、さすが大学のセンセイとあって非常にユーモアがありわかりやすい。それに訳も良い。

GAFAに対しての危険性は、たしかにそうだなと思いつつも、でも便利だし仕方がないっかくらいである。

だが著者の言う通り、もはや引き返せないレベルまでGAFAは強くなっている。

『今ほど億万長者になるのは簡単だが、百万長者になるのが難しい時代はかつて無かった』という言葉は非常に重い。

 

ついでにAppleのはなし

ちなみにAppleは、他の3社と少し毛色が違う。

Appleは著者いわく低価格な物を高価格で売ることができる唯一の企業らしい。

低価格とは悪いという意味ではないが、同じスペックのパソコンならマウスコンピューターなら半額近くで買える。

だが、Appleはデザインとブランド力でこの高い買い物を満足させることができている。面白い示唆でいえば、Appleのあの意識高い直営店が成功の要因の一つであるという。何度か行ったことがあるが、あそこは正直僕のような人間は居心地悪すぎて死にそうだ。

だがあの洒落た店で美しい作品を触り、それを買ってスタバでドヤ顔すれば、『あなたはライバルよりも優れて見えますよ(著者いわく)』とAppleは語りかける。

著者は、脳・心・性器を標的にすれば成功すると言っている。そしてAppleこそは、性器を標的にし、そして成功したという。

たしかにApple製品を持っているだけで、ジョブズっぽくなれる気がする。

そう、Apple信者とアンチApple勢力の抗争の火種は、まさしくここにあったのだ!!!

『ゲットアウト』のブラックジョークにやられた

ゲット・アウト(字幕版)

一言・・・やられた!

低予算ながら世界で大ヒットかつ物議を醸したという『ゲット・アウト

黒人差別を扱ったように見せてからの大どんでん返しは、衝撃的であった。

とにかくやられた感満載のこの作品に漂う怪しい空気感を分析してみる。

※ということで、此処から先はすでにゲットアウトを鑑賞した人のみの聖域です

 

 

黒人差別へのブラックジョーク

僕のように極力事前情報を排してこの映画を見た人は、急に現れるSF世界にびっくりしたことだろう。

物語は黒人男性と白人女性のカップルが、白人だらけの彼女の家へ挨拶に向かうところから始まる。

彼女の実家は古風だが立派な家で、そして前時代的でステレオタイプな黒人の使用人がいる。

そこで開かれるパーティーの招待客は、皆が白人。

とにかく全体的に黒人主人公にはアウェーな環境がこれでもかと盛られている。

しかし、ここに登場する白人たちは皆が、気味が悪いくらい親しげなのだ。

だがそこに漂う微妙な空気感には、題名の通り『ゲットアウト』=出て行け!という排他的差別的な臭いがするのだ。

 

 

否、そういうように見せられていた。

やけに親しげで愛想の良い「オバマ大統領支持者」を気取る白人たちからは、一切差別的な扱いはされないにも関わらず、なぜかそこに『差別感』を感じ取ってしまう。

それこそが、ジョーダン・ピール監督が施した巧妙なトリックであった。

 

差別とは、ヘイトクライムやトランプ大統領のようなあからさまなものは、非常に目立つが馬鹿らしいくらい少数派である。

この映画は、むしろ「自分は差別主義者ではない」と自認する多くの人々=大衆が、心の奥底に秘めている『差別感』をとてつもなくうまく表現している。

 

ここでいう『差別感』は、攻撃的なものではない。それは他者に対する恐怖や不安である。

例えば、僕は海外旅行中に出会った異国の人たちに、自分は日本人であると話すと、「サムライ!」とよく言われた。

日本人=サムライというイメージは非常に根強い。もちろん本気で言っているわけではないだろうが、こういった強い印象や象徴は誰しもが持っているだろう。

このイメージが、根拠のない恐怖や不安へと変わることがある。

このイメージからくる恐怖や不安は、悲しいかな歴史的にも文化的にも人間には根強く残っている。現代はその恐怖を和らげようとする人と、逆に煽ろうとする人の二極化が叫ばれている。

 

劇中のパーティーの白人たちは、皆一様に黒人主人公に握手やハグを求めてくる。わざとらしいくらい。だが、その視線やちょっとした間からは、微妙な壁を感じ取ることができる。

ここは、後から出てくる大どんでん返しな設定を抜きにしても、彼らのわざとらしい親切感の一挙手一投足から滲み出る『何か』を感じ取り、次第に不安に駆られる黒人主人公の焦燥感はこれ以上無い『差別』表現である。

お互いがお互いに抱く「イメージ」により、表面上友好な雰囲気であっても、どこか見る側がそわそわしてしまう。

それは「白人女性と付き合っている黒人男性」「いかにも共和党支持者そうな白人の高齢男性」「黒人の使用人を雇っている富裕層の白人家族」などなど、そのイメージのレッテル貼りには打って付けのメンバーが揃いも揃っているからだ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

だが、そこを逆手に取ったのが「ゲット・アウト」である。

この白人たちは、黒人主人公を羨望の眼差しで見ていた。

だがそれは「商品」として・・・である。

立派な若い体躯、そして黒人の持つ身体能力(これもイメージ?)、彼らは黒人主人公の身体に憧れていた。

彼らは「特殊な手術」により、拉致してきた黒人の頭に自分の脳を移植し若くて強い身体を手に入れるというヤバイ集団であった。

このパーティーは、その品定め=黒人主人公であり、オークション会場であった。

彼らは黒人主人公がいない間、オークションを行う。まるでかつての黒人奴隷市場のようである。かつての黒人奴隷は労働力として扱われていた。だがこのオークションは、彼らの強い体を手に入れるためのものだ。

そのどちらも黒人という人種に抱くイメージでしかなく、人間=個人としての扱いではない。

このイメージこそが、差別を生み出す元凶である。

肌の色や国や宗教でイメージ=レッテル貼りを行うことは、個人としての存在の否定であり、無益な争いを生む。

 

ゲット・アウト』は、このイメージを弄んでいる。

まさにブラックジョークだ。

急なSF展開も、これがブラックジョークだと宣言しているようなものだ。

だが、世界はブラックジョークがリアルに変わろうとしている。

本来のエンディングは、何とか生還した黒人主人公がアーミテージ家殺害容疑で逮捕される筋書きだったらしい。

だが現実社会で黒人が警察に射殺される事件が相次いでおり、エンディングを変えたという。

ブラックジョークがジョークにならなくなってしまったのだ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ

ゲット・アウト(字幕版)

ゲット・アウト(字幕版)

 

ゲット・アウト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

久しぶりに(良い意味で)性格の悪い映画を見た。

低予算ながら、このはち切れんばかりの「あの感じ」な空気感を充満させた監督には脱帽である。

鑑賞後、凄まじくやられた感じがしたのは自分の中にある「イメージ」があぶり出されてしまったから?

 

おすすめリンク

nounai-backpacker.hatenablog.jp