脳内バックパッカー

自宅にいながら映画や本の世界で旅をしよう

男の冷え性・寒がり体質を改善するために実際効果があったコスパ良いもの

f:id:tetsujin96:20180109102505j:plain

僕は男であるにも関わらず、稀代の寒がりである。

真冬になると、手足が文字通り氷のように冷たくなる。学生時代は友人の首筋に手を突っ込んでビックリさせていた。

なので「アイスマン」「半分死んでる男」なんて言われていたのは良い思い出。

しかし、さすがに30歳を越えてくると、寒さのせいでライフポイントまで削られていくようで、仕事や生活の質が大いに下がっている。

今回、初めて冷え性・寒がり体質改善を目指して色々やってみたので、実際に効果があったものを挙げてみる。

 

目次:

 

 

血流改善のために鉄分サプリメント

手足の冷えはたいてい血流に問題があるようだ。

血流がドロドロだったり、そもそも血の量が少なかったり、酸素を運ぶ赤血球が小さかったりなどなど。

なので、ホルモンの関係で赤血球量などが低い女性に冷え性が多い。

何故か僕は健康診断でいつもこの部分が引っかかる。低血圧で赤血球が小さく、「随分薄い血だねえ」と先生に言われてしまう。

そこで代名詞の鉄分摂取を行ってみた。

 

 

 

鉄はご存知、血液を作ってくれる栄養素。

鉄分はレバーやほうれん草なんかで摂取できるが、大量に食べるのはきつい食材だ。しかもお金がかかる。

ここはサプリメントに手助けしてもらおう。

Amazonのクチコミで一番良く、鉄分サプリメント売上一位でしかもコスパが良い「ディアナチュラ ヘム鉄」を利用してみた。Amazon定期便で買えば、500円ほどで購入可能だ。

一日一粒飲むだけ、味が特にない。ヘム鉄なので吸収も良い。

 

効果の程は、クチコミにもある通り、人それぞれ。一つ言えることはプラシーボ効果は確実にある(笑)

実際、服用して3ヶ月ほどで健康診断があったが、前回既定値より低かった血液の項目が改善されており、標準値内になんとかたどり着いた。

鉄分摂取だけが原因ではないだろうが、それなりに効果はあったようだ。

夜間「自分の冷たすぎる手足にあたって起きてしまう現象」がなくなったので、よく眠れるようになった。

 

 

睡眠前の飲み物

普段、入浴後にコーヒーを飲んでいた。

ほっと一息ついて、読書などの趣味の時間を楽しんでいたのだが、どうやらこれも冷え性に良くないとのことだ。

コーヒーはカフェインの効果により、血管が収縮され、冷えの原因になるようだ。しかも夜間に飲むと、これまたカフェインの効果で眠りづらくなる。

そこで、夜間の飲み物をココアとチャイに変えてみた。

 

 

 

ココアを飲むとポリフェノールの効果により、血管が拡張され、手足がポカポカしてくる。また食物繊維を含み、活性酸素を減らすなどの作用がある。

ミルクココアは砂糖などが多く含まれているため、本当は「純ココア」がオススメなのだが、値段が高いのでまずは安いミルクココアを飲んでいる。

効果の程は、コーヒーを飲んでいたときより寝付きが良くなったことはある。というか夜間のコーヒーを止めたことに効果があったような気もするが。

 

 

 

チャイはインド旅行時によく飲んでいた。

こちらもマサラなどのスパイスの効果で体があたたまる

 

夜間の飲み物は白湯が最強らしいが、味気ないし、せっかくのほっとできる時間に一味加えたいならば、ココアかチャイがおすすめだ。

 

 

外出時は登山服

箱根駅伝なんか観てるだけで寒くなってしまう冷え性の方、辛い朝の出勤は何を着ているだろうか?

低血圧で朝は半分意識ない僕は、外に出るだけで地獄だ。車での通勤だとはいえ、車内はすぐ温まらないし、駐車場から会社までけっこう歩くし、仕事でも外出することもある。

冷え性人間の真冬外出服装は、登山装備がコスパ良い。

 

屋外での体温低下の原因は、気温と風による冷えだ。

気温はわかるが、風もかなり体温を奪っていく。登山愛好家におなじみ、風速1mで体感温度一度低下なんて格言があるくらい、風は冷えの大敵。

なので、コートなどのアウターは、防風性の高いものがオススメ・・・と言いたいところではあるが、仕事柄なかなか難しい人も多いだろう。

 

登山服で思い出すのは、フリースやダウンジャケットではなかろうか?

だが、昨今の流行を見ていると、このフリースやダウンジャケットの使い方を間違っている人が多い。

フリースやダウンジャケットは『中間着』と呼ばれるものだ。

中間着の役割は、暖かい空気を溜め込むこと。登山では、汗などを放出しやすいベースレイヤー(下着)の上に中間着を着て、アウターは防水防風のジャケットを羽織る。

登山にいくわけではないので、ここまでやる必要はないが、要するにフリースやダウンジャケットは中に着るものだ。

本来はコートなどの下に、薄手のフリースやダウンジャケットを着るのが正しい。

 

 

 

ユニクロ製品でも十分だと思うが、やはり本格登山装備のほうが断然効果が高くコスパは良い。

しかも登山装備はそうそう壊れたり破れたりはしないし、薄手でもかなり暖かいので仕事や家でも使い勝手が良い。モコモコしないので、女性には特にオススメ。

登山装備最強コスパといえば、日本が誇るmont-bellだ。

ユニクロより少し高いくらいで、本格的な登山装備が買える。

フリースでオススメなのが、この「U.L.サーマラップ ジャケット」だ。

229gと軽量でかなり薄手だが、実際着てみると本当に暖かい。しかも屋外でも暖かさをキープできる。

フリースは洗濯もしやすいし、ダウンジャケットより扱いやすいので、仕事着にも使える万能選手だと思う。

 

 

 

ダウンジャケットは「スペリオ ダウンジャケット」がおすすめ。

13000円と値段は張るが(登山装備だと格安)、薄手でポケットに入るくらい小さく畳めるのに、非常に暖かい。

先程も書いたが、ダウンジャケットはあくまでも中間着なので、薄ければジャケットやコートなどの下に着やすいし運動しても嵩張らない。

だが当然薄くなると、暖かさは低くなってしまう。

そこで登山用ダウンジャケットは、とても高品質なダウンを利用している。

ダウンジャケットは、鳥の羽毛であるダウンが膨らむことで層を作り、そこに暖かい空気を閉じ込めるから暖かい。

高品質なダウンとは、この膨らんで層を作ることに長けている。なので少量でも、安いモコモコの分厚いダウンジャケットより暖かい。

このダウンジャケットがあれば、真冬の屋外でも暖かく過ごせるし、薄手なので家の中でも着れる。

だが、ダウンジャケットは気軽に洗濯が基本的にできないので、そこがデメリットではある。

 

他にも、登山用の手袋や靴下はかなり暖かいのでオススメだ。

寒いのが一瞬でも嫌だという人は、全身登山装備であれば一日中冷えること無く過ごせる。

最近はユニクロもアウトドア系商品も出ているので、値段をできるだけ低く抑えたい人にはオススメだ。基本はここで書いたように、中間着は高品質で中に着やすいものを選べば良い。

ちなみに最強コスパは「ワークマン」である。

 

【スポンサーリンク】
 

 

寝る前にストレッチ

地味だが、これが一番大事かもしれない。

冷えの原因の大半が、血流によるものだ。

これにより肩こりなんかも起こるので、寒い時期は特に辛い。

男性の場合、女性より体が固く、筋肉の柔軟性も低い。しかも痩せ型の人は脂肪も少ないのでとにかく寒い。

なので男性の寒がりさんは、マッチョになるか脂肪の塊になるのがベストだが、そうも言ってられないのでストレッチがオススメ。

 


寝る前のヨガで体内浄化☆ ベッドの上で心地よくストレッチ

体を温めるストレッチといえばヨガ。

本格的にやるのは大変だし面倒なので、寝る前に布団の上でできるヨガがオススメ。

ストレッチ効果で血流が良くなるし、筋肉の緊張も落ちるのでリラックスできる。

 

特に重点的に行いたいのは、骨盤周辺のストレッチだ。

骨盤周辺の筋肉は、大きい筋肉が多いため血流が良くなりやすいし、姿勢にも影響しやすいので体質改善効果もある。

男性の場合、骨盤が硬い人が多いので騙されたと思ってやってみると良い。

初めは面倒くさいけど。

僕は嫁さんの影響でやってみた。初めは体が硬すぎて、体操前のポーズが取れないこともあったが、次第に慣れてくる。

寝る前の5分でも良いのでやってみると、睡眠の質もあがり、翌日の身体の感じがぜんぜん違ってくる。

 

 

結局は「にんにくパワー」

これは冷え性に関係ないかもしれないが、結局は「にんにくパワー」かもしれない。

僕は冷え性かつ低血圧で、慢性的に眠い。上記の体質改善で冷え性はかなり改善したが、この眠気だけは一向によくならない。

これはたまの夜更かしと労働意欲が皆無なのが原因なのは承知している。

昼食後の時間はとにかく苦痛で、まぶたが落ちないように必死で耐えているのが現状(仕事しろ!)

そんな虚しい格闘を見てなのか、友人に「にんにくを食え」と勧められた。

この友人は、次の日に会議があるとわかっていても、焼肉でにんにくのホイル焼きを頼むような勇者である。

 

 

僕はそんな度胸はないので、「黒酢にんにく」を買ってみた。

おそらく、このにんにくパワーがサプリメント界最強だと思う。

なにが最強かというと、プラシーボ効果最強なのだ。

プラシーボ効果とは、実際効果があるかどうか関係なく「なんかクスリのんだし効いてるんじゃないか」というアレである。ある実験では、薬と称してラムネ菓子を与えたところ、数値的にも本人の自覚的にも効果があったとか。人間はそういう動物である。

僕は非常に影響を受けやすいタイプで、このプラシーボ効果を絶大に浴びる男である。

「俺はにんにくパワーを得た」→「俺、最強」という簡単な公式のおかげで、日中の眠気がなくなった。これは恐ろしいパワーだ。学生時代から苦しんだ眠気が一掃された。これは超個人的な理由なので効果の程はわからないが、にんにくパワーはとにかく最強だ。

 

 

まとめ

結局はにんにくパワー!といいたいところだが、他の対策も効果があったと思う。

全部一緒に試しているので、個別判定は難しいが、そこまでお金はかからないので試してみる価値はあったように思う。

冷え性人間にとって、冬はとにかく辛く、鬱っぽい気分になり、引いては人生を損した感覚に陥る。僕は本気で沖縄移住計画を立てたくらい寒いのが嫌いなのだ。

今回の実験により、以前より冬の辛さが減少したように思う。

それが一番の効果であったように思う。人間、楽しく生きなくては。

 

nounai-backpacker.hatenablog.jp

こちらは自宅改善。