脳内バックパッカー

自宅にいながら映画や本の世界で旅をしよう

『ゲットアウト』のブラックジョークにやられた

ゲット・アウト(字幕版)

一言・・・やられた!

低予算ながら世界で大ヒットかつ物議を醸したという『ゲット・アウト

黒人差別を扱ったように見せてからの大どんでん返しは、衝撃的であった。

とにかくやられた感満載のこの作品に漂う怪しい空気感を分析してみる。

※ということで、此処から先はすでにゲットアウトを鑑賞した人のみの聖域です

 

 

黒人差別へのブラックジョーク

僕のように極力事前情報を排してこの映画を見た人は、急に現れるSF世界にびっくりしたことだろう。

物語は黒人男性と白人女性のカップルが、白人だらけの彼女の家へ挨拶に向かうところから始まる。

彼女の実家は古風だが立派な家で、そして前時代的でステレオタイプな黒人の使用人がいる。

そこで開かれるパーティーの招待客は、皆が白人。

とにかく全体的に黒人主人公にはアウェーな環境がこれでもかと盛られている。

しかし、ここに登場する白人たちは皆が、気味が悪いくらい親しげなのだ。

だがそこに漂う微妙な空気感には、題名の通り『ゲットアウト』=出て行け!という排他的差別的な臭いがするのだ。

 

 

否、そういうように見せられていた。

やけに親しげで愛想の良い「オバマ大統領支持者」を気取る白人たちからは、一切差別的な扱いはされないにも関わらず、なぜかそこに『差別感』を感じ取ってしまう。

それこそが、ジョーダン・ピール監督が施した巧妙なトリックであった。

 

差別とは、ヘイトクライムやトランプ大統領のようなあからさまなものは、非常に目立つが馬鹿らしいくらい少数派である。

この映画は、むしろ「自分は差別主義者ではない」と自認する多くの人々=大衆が、心の奥底に秘めている『差別感』をとてつもなくうまく表現している。

 

ここでいう『差別感』は、攻撃的なものではない。それは他者に対する恐怖や不安である。

例えば、僕は海外旅行中に出会った異国の人たちに、自分は日本人であると話すと、「サムライ!」とよく言われた。

日本人=サムライというイメージは非常に根強い。もちろん本気で言っているわけではないだろうが、こういった強い印象や象徴は誰しもが持っているだろう。

このイメージが、根拠のない恐怖や不安へと変わることがある。

このイメージからくる恐怖や不安は、悲しいかな歴史的にも文化的にも人間には根強く残っている。現代はその恐怖を和らげようとする人と、逆に煽ろうとする人の二極化が叫ばれている。

 

劇中のパーティーの白人たちは、皆一様に黒人主人公に握手やハグを求めてくる。わざとらしいくらい。だが、その視線やちょっとした間からは、微妙な壁を感じ取ることができる。

ここは、後から出てくる大どんでん返しな設定を抜きにしても、彼らのわざとらしい親切感の一挙手一投足から滲み出る『何か』を感じ取り、次第に不安に駆られる黒人主人公の焦燥感はこれ以上無い『差別』表現である。

お互いがお互いに抱く「イメージ」により、表面上友好な雰囲気であっても、どこか見る側がそわそわしてしまう。

それは「白人女性と付き合っている黒人男性」「いかにも共和党支持者そうな白人の高齢男性」「黒人の使用人を雇っている富裕層の白人家族」などなど、そのイメージのレッテル貼りには打って付けのメンバーが揃いも揃っているからだ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

だが、そこを逆手に取ったのが「ゲット・アウト」である。

この白人たちは、黒人主人公を羨望の眼差しで見ていた。

だがそれは「商品」として・・・である。

立派な若い体躯、そして黒人の持つ身体能力(これもイメージ?)、彼らは黒人主人公の身体に憧れていた。

彼らは「特殊な手術」により、拉致してきた黒人の頭に自分の脳を移植し若くて強い身体を手に入れるというヤバイ集団であった。

このパーティーは、その品定め=黒人主人公であり、オークション会場であった。

彼らは黒人主人公がいない間、オークションを行う。まるでかつての黒人奴隷市場のようである。かつての黒人奴隷は労働力として扱われていた。だがこのオークションは、彼らの強い体を手に入れるためのものだ。

そのどちらも黒人という人種に抱くイメージでしかなく、人間=個人としての扱いではない。

このイメージこそが、差別を生み出す元凶である。

肌の色や国や宗教でイメージ=レッテル貼りを行うことは、個人としての存在の否定であり、無益な争いを生む。

 

ゲット・アウト』は、このイメージを弄んでいる。

まさにブラックジョークだ。

急なSF展開も、これがブラックジョークだと宣言しているようなものだ。

だが、世界はブラックジョークがリアルに変わろうとしている。

本来のエンディングは、何とか生還した黒人主人公がアーミテージ家殺害容疑で逮捕される筋書きだったらしい。

だが現実社会で黒人が警察に射殺される事件が相次いでおり、エンディングを変えたという。

ブラックジョークがジョークにならなくなってしまったのだ。

 

【スポンサーリンク】
 

 

まとめ

ゲット・アウト(字幕版)

ゲット・アウト(字幕版)

 

ゲット・アウト ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

久しぶりに(良い意味で)性格の悪い映画を見た。

低予算ながら、このはち切れんばかりの「あの感じ」な空気感を充満させた監督には脱帽である。

鑑賞後、凄まじくやられた感じがしたのは自分の中にある「イメージ」があぶり出されてしまったから?

 

おすすめリンク

nounai-backpacker.hatenablog.jp