読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内バックパッカー

自宅にいながら映画や本の世界で旅をしよう

現代社会の生きづらさ=「コミュニケーション不全症候群」

コミュニケーション不全症候群 (ちくま文庫) posted with カエレバ 中島 梓 筑摩書房 1995-12 Amazonで調べる 1991年の古い本ではあるが、後のオウム真理教の出現等を予言していたといわれる社会評論。ちなみに著者の中島梓は「グイン・サーガ」の栗本薫であ…

「ヤバい経済学」を読んで常識をぶち壊す。

ヤバい経済学〔増補改訂版〕―悪ガキ教授が世の裏側を探検する posted with カエレバ スティーヴン・J・ダブナー,スティーヴン・D・レヴィット 東洋経済新報社 2016-07-01 Amazonで調べる ヤバイ本を読んだ。 ズバリ「ヤバい経済学」だ。 なんせヤバイ、チ…

「オリガモリソヴナの反語法」の感想

新生児と暮らしているとなかなか本が読めない今日このごろ。 そんな読書とは無縁の日々が続いた挙句、厳冬に「オリガ・モリソヴナの反語法」を読んだ。 なぜ手に取ったかというと、某サイトですごく押されていたからだ。 最近、ネットサーフィン中に良き本と…

2016年で読んだ中の特別オススメな本。

今年は子供が産まれたり、Amazonビデオに出会ったりで、なかなか読書できなかったが、過去最高に本を大人買いした年でもあった。 ブログ収入を本や映画に注ぎ込んでいるので金銭面では特に問題はないのだが、我が家の本棚から難民となって部屋の角や隙間で遭…

「歴史嫌い」が「歴史好き」に変わるためのオススメ入門本

「歴史が苦手科目」という人は多い。 歴史はただの暗記モノではないのに、現状の日本の歴史教育は苦行のような丸暗記方式だから仕方がないとは思う。 そんな歴史嫌いな方々が「歴史好き」になっていただけたらなあ~という淡い思いを込めて、歴史好きになる…

ブログ小遣いで念願の写真集を買った。

全国3000万の薄給サラリーマンの皆様、どうも同類です。 薄給なのに子供が生まれまして、嫁の財布の紐に高圧電流が放たれることになりました。 ますます欲しいものが買えなくなりましたよアベノミクス。 政府も会社も当てにならんので、僕はブログ小遣いで生…

『連合赤軍』を知るためにオススメな本・マンガ・映画

始めに言っておくが僕はそっち系ではない。 でもそっち系の歴史というのは非常に興味深くもある。なんせ僕の世代からすると、歴史の教科書的存在だから。 しかし、『連合赤軍』というか当時の学生運動を知ってからというもの、大いなる疑問があった。 「なぜ…

ヒトラー氏はいかにして演説術だけで総統になれたのか?「ヒトラーの演説- 熱狂の真実 (中公新書)」

アドルフ・ヒトラー。 言わずと知れた20世紀を代表する悪党である。 彼の行った行為は人類史上最悪の悲劇を産んだ。 だが、誰もが一度は思ったのではなかろうか? 「なぜあんな男がドイツで熱狂的な支持を受けたのか?」と。 ヒトラーはミュンヘン一揆(武装…

日本の生きづらさは夏目漱石が明治時代から指摘をしていたという話

最近、保育園落ちた日本死ねとかブラック企業とか下流老人とか若者の貧困とか世代間格差とか・・・我らが日本の悪いところが噴出しております。 まあどんな国だろうが社会だろうが家庭だろうが、問題だらけなのは当たり前ですので、当然だといえば当然なので…

雑誌『BRUTUS』収集が趣味な僕のおすすめ名作特集たち

BRUTUSが好きです。 BRUTUSとはマガジンハウスが発売している男性向け情報誌で毎月1日・15日発売です。 都会的、センスの良さ、程よい意識高い系、そして毎号当たり外れが激しいなんてところもたまりません。 BRUTUSの良さは、全く新しい発見があるというこ…